タウリンは肝臓に良いのか

タウリンは、肝臓に良い働きをします。
コレステロールを排泄させる胆汁酸の分泌を盛んにし、肝臓の働きを助けます。
又、肝細胞の再生を促進し、細胞膜を安定化します。
そして、お酒を飲んだ時、アルコールが体内に入ると、アセトアルデヒドに分解され、さらに、酵素により分解されます。
そこでタウリンを取ると酵素の働きを助けアルコールの分解を早め、負担を軽くします。
脂肪肝。動脈硬化をはじめ、様々な生活習慣病を引き起こす危険な症状です。
そこでタウリンは、中性脂肪を取り除き、外に排出する働きもします。
ろ過機能をあげて、毒素を排出します。なので、とても良いと言うより必要な物です。
私達の身体を細胞から正常な状態に戻そうとする作用があります。
だから、積極的に摂取すると良いです。

 

主に、魚介類、特に、カキなどの貝類や、イカ、タコ、魚の血合いに、多く含まれてます。
少しずつでも、食生活に取り入れてみましょう。
又、疲れた時に飲む栄養ドリンクの主成分です。
食事で、なかなか取れない時は、活用するといいでしょう。
腎臓や、高血圧にも効果があります。
糖尿病の予防にも良いとされています。
体全体に良い働きをしてくれる成分と言えます。
今話題の、ミトコンドリアを増やして、スタミナアップも出来ます。

 

肝臓のことを考えてタウリンを摂取するならこちら⇒タウリンサプリ