夏はこまめな水分補給が必要ですが、何を飲むかでもかわってきます

今年の夏はとても暑く、熱中症で病院に運ばれた方も多かったように思います。
かくゆう私も、真夏日に3度も体調を崩しました。大量の汗、悪寒、吐き気、めまいなど、まさに熱中症の症状でした。けれど、私も毎日これだけ熱中症の事がニュースで騒がれているので、水分をこまめに補給して気を付けていました。
ウーロン茶を水筒に入れ、喉が乾く前に、と意識して飲んでいました。
1リットル以上は飲んでいたと思います。それでも体調を崩してしまったので、飲む量が少ないのかと思いお茶をさらに積極的に摂取しましたが、体調の悪さは変わりませんでした。
どうしてだろうと思いらがら、たまたま体調をくずしたとき、スポーツ飲料を飲んでみました。すると、どうでしょう。一口二口と飲んでいるうちに体が軽くなり、あの悪寒や吐き気、めまいがあっという間になくなりました。
あんなにお茶を飲んでも体調は回復しなかったのにです。暑さで大量の汗をかいた人間の体には、当たり前ですが塩分も必要だったんです。
減塩という言葉が叫ばれているなか、わざわざ塩分を取るなんて考えてもいませんでした。
確かに夏になると塩飴なんかが売られていますが、暑い現場で働く人専用の代物だと思っていました。
まさか、室内で過ごすことご多い私に塩分も必要だったなんて思ってもみませんでした。
水分と塩分、バランスよく摂取しないといけませんね。
それから、私はさっそくスポーツ飲料をケース買いし、真夏日は一日1本飲むようにしました。あれから、体調もすこぶる良く、暑い夏を乗り切ることができました。
来年の夏もスポーツ飲料を飲んで、熱中症を予防したいと思います。